'."\n" ?> 精力剤の成分

精力剤の成分

最近の記事

必ず訪れるED

ジャンル

外部リンク集

管理人の紹介

精力剤の成分

精力剤に含まれている成分にはどのようなものがあるのでしょう?

精力剤は様々な種類があり、メーカーごとに若干含まれている成分が異なります。
それぞれの成分に、それぞれの特性があります。

精力剤の成分としては医療成分とそうではない成分とに大別することが可能です。
精力剤に含まれる医療成分としては、まずはホルモンが主成分となります。

男性ホルモンであるテストステロンは、さまざまな精力剤の主成分となるものです。
効果としては男性特有の性的特徴や精子を生成する働きがあります。
精子の減少や質の低下は精力減退の大きな原因の1つとなります。
テストステロンは精力剤として、ストレートに男性機能に働きかける効果があります。

男性ホルモンであるテストステロンにメチル基を結合させたメチルテストステロンなど
もひじょうによく利用されます。メチル基を結合させたメチルテストステロンは、
元のテストステロンよりもさらに強力な精子生成能力などの男性ホルモンならではの
特徴を持っているとされています。

この他ストリキニーネなども必ず精力剤には配合されます。

アカネ科の植物であるヨヒンベの樹皮からとられるヨヒンビンもまた、勃起中枢を
刺激する作用のある男性ホルモンです。またヨヒンビンにはペニスの血管を拡張される
効果もあることから、昔から催淫剤としても使用されてきました。