'."\n" ?> 副作用による精力低下

副作用による精力低下

最近の記事

必ず訪れるED

ジャンル

外部リンク集

管理人の紹介

副作用による精力低下

薬によっては副作用で精力が減退するものがあるそうです。

よく言われているのが、うつ病やパニック障害などの主に精神疾患に関わる
薬にそのような症状が見られるようです。

うつ病などの薬は、精神を安定させる働きがある半面、ドーパミンなどの性欲を
高めたり、興奮させたりする物質をだす事を抑える働きがあるそうです。

ある調査では、EDに悩んでいる人の約25%が薬の副作用が原因であると言われています。

精力減退に結びつく薬剤としては、降圧剤、抗精神病薬、抗うつ薬、精神安定剤、
抗ガン剤などが挙げられます。

精力の衰えが気になっている人で、これらの薬剤を使用している場合は、
その副作用をまず疑ってかかる必要があります。


また、最近では「飲む育毛剤」といわれ、薄毛の改善の方法として注目されている、
プロペシアの精力減退の副作用が報告されています。

こういった薬剤を使用したまま、さまざまな改善方法を試すことは危険が伴います。

とくにED治療薬は、重大な副作用をもたらすこともあるので注意が必要です。

抗圧剤などは、ED治療薬との併用が禁忌となっているほどです。

精力だけでなく、広く健康状態全体に関わる問題ですから、
薬剤の使用と精力の改善との関係はよく把握しておくようしましょう。